12月は最も交通事故が多い月

こんにちは。レーク総合法律事務所事務局です。

寒さも本格的になってきて,最近では初雪が観測されましたね。

今週末に到来する寒波は,過去の12月の記録を更新するような12月史上最強クラスの寒波が日本にやって来る予想だそうです。このため,25日(土)から27日(月)にかけて日本海側の地方は大雪,猛吹雪になる大荒れの天気で,交通機関にも影響が出るかもしれません。

今年は久しぶりに帰省をされる方も多いと思います。雪道に慣れていない方はもちろん,雪道に慣れている方でも,大雪による車の立ち往生や事故に巻き込まれる可能性があります。

1年間を通して全国的に最も交通事故が多くなるのは,12月だそうです。

12月は帰省シーズンであり,正月に向けて食料や日用品を買い込む人が多くなります。また,繁忙期に差し掛かる企業も多くなることから,仕事や物流の関係で車の移動も多くなります。

交通量が多くなることに加え,路面凍結や降雪後の道に慣れていない人も多いため,必然的に交通事故が増えてしまうのです。

車で雪道を運転することが想定される場合は事前にスタッドレスタイヤに交換したり,チェーンを用意したいですね。

雪道における事故で一番多いのはスリップ事故です。「まだ大丈夫」と思わず,雪が少しでも積もったらチェーンを装着したり,スタッドレスタイヤを装着している場合でも過信せず,雪道は「滑る」ことを想定して普段以上に慎重な運転を心掛けたいですね。

交通事故を起こさない,交通事故に巻き込まれないようにしていても,事故は突然やってきます。

何かお困りの際は,お気軽にご相談ください。

レーク相談法律事務所事務局

目次
閉じる