20代女性 離婚

夫が複数の女性と不貞行為に及んでいたことが発覚し,離婚したいと考えています。
夫には慰謝料を請求しようと思いますが,相場が分かりません。
相手の女性には,今のところ慰謝料請求は考えていませんが,今後は夫と近づかないように約束をしたいです。
とりあえず,どう進めればよいのか分からないので,進め方を教えて欲しいです。

不貞行為は,法律上の離婚原因とされており,離婚することができますし,その際に,慰謝料を請求することも可能です。ちなみに,慰謝料請求というのは,不法行為に基づく損害賠償請求であり,精神的な苦痛が生じたことに対する損害賠償のことです。

慰謝料の相場というものはありませんので,裁判所が認める場合のだいたいの金額と言い換えることにしますが,裁判所が慰謝料を決定する場合には,事案ごとの様々な事情を考慮して決めることになりますので,一概に〇〇円ということはできません。要するに,明確な基準はない,ということになります。

もっとも,裁判例などから,一般的には,不貞行為が原因で離婚に至った場合には,100万円~300万円程度と言われており,夫が浮気をしていた期間,年齢,子どもの有無,離婚後の生活状況等によって,金額が変動することになります。ただし,これよりも少ない場合や多い場合もあります。

相手の女性に対して,夫との接触を禁止したいという点については,離婚しない場合には,接触禁止を合意するとともに,違約金を定めることなども可能ですが,離婚をする場合には,接触禁止の基礎となる婚姻関係がなくなる以上,元夫や相手の女性の行動を制限することもできませんので,接触禁止の合意は無効と考えられます。

離婚の進め方は,まず話し合いをすることです。離婚をしたいことのほか,離婚にあたっての条件(親権が欲しい,養育費は〇〇円支払って欲しい,慰謝料を〇〇円支払って欲しい)を伝えます。

離婚やその条件について合意ができた場合には,できれば離婚協議書を作成して,合意した事項を書面に残しておく方が後日の紛争の防止になりますし,金銭の支払を合意する場合には,必要に応じて公正証書の作成も検討してください。

話し合いができない場合には,家庭裁判所に調停の申し立てをすることになります。

目次
閉じる