60代男性 成年後見

私の父の財産を妹が管理していたのですが,横領されていることが分かりました。
私の父は認知症で,ほとんど判断能力はないと思うのですが,私が,父の財産を取り返すことはできますか。

お父様の財産は,お父様のものですので,妹さんに横領された費用を取り戻す権利(不法行為に基づく損害賠償請求権又は不当利得返還請求権)はお父様にあります。

したがって,お父様がご存命である以上は,お父様自身が取り返すことになります。

もっとも,お父様が認知症で判断能力がほとんどないということですので,お父様自身には取り返すための手続きをすることは困難かと思われますので,このような場合は,家庭裁判所に,後見(保佐・補助)開始の審判の申立てを行い,お父様に代わってお父様の財産を管理する成年後見人(保佐人・補助人)を選任してもらうことが考えられます。

成年後見人の候補者として,ご相談者様の氏名を記載すれば,家庭裁判所の判断により,ご相談者様が成年後見人に選任されることもあり得ますが,親族間に紛争がある場合には,弁護士などの専門家が選任されるのが一般的です。

成年後見人は,まず,妹さんが管理するお父様の通帳などの返還を求め,妹さんがこれに応じない場合には,通帳を再発行して,届出印を変更したり,あるいは口座を解約するなどして,これ以上,妹さんが手出しをできないようにした上で,口座の履歴を確認して,横領額を特定し,妹さんにその返還を求めることになります。

もし,お父様が亡くなられた場合には,お父様の持っていた権利を法定相続分に応じてご相談者様が取得することになるので,その範囲で,請求することはできるかと思われます。

  • 個人情報の特定を防ぐため,内容は簡略化・抽象化しています(更新日と相談日は一致しません)
  • レーク総合法律事務所で行われた全ての相談を紹介しているものではありません
  • 事情によって結論が異なることがありますので,まずはご相談ください
目次
閉じる