40代男性 離婚

妻が3か月ほど前から子どもを連れて家を出ています。
離婚したいと言われていますが,離婚に応じたくありません。
調停を申し立てられたのですが,離婚したくないと言ったので不成立になりました。
子どもとも会えていないので会いたいです。

離婚するためには夫婦間で協議を行い,合意できない場合には調停を行う必要があり,調停が不成立となった場合には,訴訟を提起する必要があります。

訴訟では,民法に定められた離婚原因(不貞行為など)がある場合にのみ,離婚の判決が出ることになりますが,その一つに,「婚姻を継続し難い重大な事由」というものがあり,単なる性格の不一致などでは離婚は認められません。

別居期間が長期に及んでいる場合には,婚姻関係がすでに破綻している=婚姻を継続し難い重大な事由があるということで,離婚が認められる場合もあり得ますが,婚姻期間が極めて短いなどの事情がない限り,数か月程度の別居では,婚姻関係が破綻しているとはされないことが多いでしょう。

したがって,現段階では,離婚したくないということであれば,強制的に離婚ということにはならない可能性が高いといえます。

ただし,別居期間が長期になれば,離婚が認められる可能性が高くなりますし,婚姻期間中は,婚姻費用(生活費)の負担義務が生じるので,その点は注意が必要です。

子どもに会えない点については,面会交流の調停を裁判所に申し立てることが考えられます。

面会交流の調停では,どのような面会交流を行うか(頻度,時間,方法など)を話し合いますが,合意ができない場合には,審判という裁判所による判断手続に自動的に移行し,裁判所によって面会交流について決定がなされます。

なお,面会交流の調停・審判では,必要に応じて,家庭裁判所調査官による調査が行われ,子らの意向確認等が行われる場合があります。

  • 個人情報の特定を防ぐため,内容は簡略化・抽象化しています(更新日と相談日は一致しません)
  • レーク総合法律事務所で行われた全ての相談を紹介しているものではありません
  • 事情によって結論が異なることがありますので,まずはご相談ください
目次
閉じる