20代男性 離婚

妻が不倫をしていることが分かりました。追及したところ,離婚したいと言われました。
離婚したくはないのですが,やむを得ないかとも思っています。

不貞行為を行った者による離婚請求は,有責配偶者からの離婚請求と言われるもので,別居期間が相当長期に及んでいるなどの事情がない限り,裁判においては,原則として認められません。

したがって,離婚したくない場合には,離婚自体はしなくてよいかもしれません。

もっとも,別居をしている場合には,裁判所を利用しても同居を強制することはできませんので,別居期間が長くなれば最終的には離婚をせざるを得ない可能性があります。

  • 個人情報の特定を防ぐため,内容は簡略化・抽象化しています(更新日と相談日は一致しません)
  • レーク総合法律事務所で行われた全ての相談を紹介しているものではありません
  • 事情によって結論が異なることがありますので,まずはご相談ください
目次
閉じる