弁護士は外出少ない?

こんにちは。レーク総合法律事務所事務局です。

昨日(6月28日),気象庁は「近畿地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。梅雨の期間は,近畿地方では14日間となり,これまでの最短記録(1958年の17日間)を更新し,過去最も短い梅雨となったようです。

今日も強い日差しが照り付けて,気温はほとんどの地点で30℃を超えており,すでに35℃以上の猛暑日になっている所もあるようです。

弁護士というと,打ち合わせや電話対応,書面作成等に追われ,インドアな印象を持つ方もいらっしゃると思うのですが,どうなのでしょうか?

実際には,裁判期日に裁判所に行くだけではなく,依頼によって実地調査のために,遠方へ通うこともあります。また,外部での法律相談や出張授業などもあり,移動で1日中動き回っていることも多いです。

ですので,弁護士は,事務所にいないことも多く,忙しく事務所の内外を飛び回っています。

事務員も同様に,外回りの時も,こまめに水分を補給し,部屋の中では我慢せずにエアコンを適切に使用するなどして,涼しい環境で過ごすようにして,体調には気を付けていきたいです。

レーク総合法律事務所事務局

目次
閉じる