弁護士の繁忙期

こんにちは。レーク総合法律事務所事務局です。

3月末や4月初めは,年度末だったり,人事異動や引継ぎなどがあったり,一年の締めくくりと来年度のスタート準備をしなくてはならず,バタバタする職場も多いのではないでしょうか?

4月は裁判官の異動時期なので,裁判官が替わったばかりの事件は,4月はほとんど動かないことが多く,裁判期日が少なくなり,1年のうちでも3月の後半から4月の始めは最も裁判が少ない時期になります。

他にも,7月~9月の休廷期間や年末年始も裁判が比較的少なくなります。

ただし,その期間に入らない裁判の予定が前後にずれこむことになるので,その前後に裁判の予定が集中して,裁判の業務が増えることになります。

もっとも,弁護士の仕事は裁判だけではなく,その準備だったり,相談だったり,いろいろあるので,裁判が少ないと,暇かというとそうでもなく,当事務所の弁護士の様子を見ていると,休んでいたりすることもなく,書面を書いたり,調べものをしたりなど,常に忙しそうにしており,どの時期もさほど変わらないように思います。

日ごろから栄養管理,質の良い睡眠,休息などを心掛けて,気持ちの良い4月を迎えたいですね。

レーク総合法律事務所事務局

目次
閉じる