30代男性 文書作成

知人とトラブルになってしまい,示談書を作成しようと思います。
自分で作成してみたのですが,これでよいか見てもらえますか。

トラブルが生じた場合に,解決金を支払うときは,終局的な解決のため,文書を作成するべきです。

どのようなことに対して,いつまでに,いくらを支払うのかや,支払を終えた後は何も請求せず,お互いに債権債務がないことなどを記載することになります。

当事務所では,簡単な文書であれば,相談時間内に添削をさせていただくこともあります。

  • 個人情報の特定を防ぐため,内容は簡略化・抽象化しています
  • レーク総合法律事務所で行われた全ての相談を紹介しているものではありません。
  • 事情によって結論が異なることがありますので,まずはご相談ください。
目次
閉じる