大寒

こんにちは。レーク総合法律事務所事務局です。

今日は大寒ですね。毎日本当に寒くて,手袋やマフラー,ひざ掛けなどの防寒をして過ごしています。

大寒とは,一年でもっとも寒い時期という意味です。

「大寒」の一つ前の節気は「小寒」(1月5日),一つ後の節気は「立春」(2月4日)。

小寒から大寒までの15日間と大寒から立春までの15日間の合計30日間を「寒の内」といいます。

寒気を利用した食べ物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込む時期にもあたるそうです。

大寒が終わると,春の始まり「立春」を迎えます。二十四節気においては,立春が1年の始まりなので,大寒の最終日は大みそか的な日だったそうです。今も残る節分の豆まきなどの行事は,新年を迎えるための行事です。

1年でもっとも寒い時期「大寒」を乗り越えて,はやく春が来てほしいと願うばかりです。

レーク総合法律事務所事務局

目次
閉じる