お正月飾りはいつまで

こんにちは。レーク総合法律事務所事務局です。

お正月休みが終わり,お正月飾りを片づけるタイミングが気になってくる頃ではないでしょうか。

正月飾りをいつまで飾るかどうかは,地域によって大きく異なるそうです。なぜかというと,正月飾りを飾る期間は松の内と呼ばれますが,松の内の定義が場所によって異なるからです。

関東では1月7日までが松の内とされますが,関西では1月15日までです。

また15日は小正月(こしょうがつ)といわれ,これをもって正月の終わりとする見方もあるようです。

松の内を過ぎて正月飾りを片付ける際に最も知られているのが,小正月の15日に行われる「どんど焼き」と呼ばれるお焚き上げです。前年のお札や,門松,しめ縄などの正月飾りを寺社の境内や河原などに集めて感謝の気持ちを込めて焼く儀式です。

正月飾りは無病息災をもたらす年神様へのおもてなしであり,1年の幸せや健康への願いが込められています。

いつ片づければいいのかを知ることで,良い一年のスタートを切ることができるといいですね。

レーク総合法律事務所事務局

目次
閉じる