成年後見

様々な理由で,親族や他人に自分の財産管理を委ねる必要が出てきたときに,どうしたら良いか分からなくて困っていませんか。実はいろいろな方法があります。​​

​あなたにとってベストな解決を弁護士がお手伝いします。

どのようなことでお困りですか?

成年後見

  • 親が認知症なので財産を管理してあげたい
  • ​認知症の親族の代理人になる必要がある

​など

保佐

  • 判断能力が著しく減退している​
  • ​認知症の親が変な契約をしないように

​​など

補助

  • 判断能力が心配なので代理人を決めたい
  • ​できる限り自分で財産を管理したい

​​など

任意後見

  • 認知症に予め備えておきたい
  • ​財産を管理をする人は自分で選びたい​

​​など

民事信託

  • 財産管理に裁判所を利用したくない
  • ​判断能力はあるが財産管理を親族に任せたい

​​など​

弁護士に依頼するメリット

面倒なことは弁護士に

弁護士が代理人として手続きをするので,弁護士から頼まれた書類を集めるだけで,成年後見等の申立てができます

ベストな方法を提案

​できる限り財産の所有者の意向に沿って財産を管理するため,状況に応じて,最も適切な方法を考え,提案します

専門家による管理

親族間に紛争がある場合など,専門家が財産管理を行う方が適切なことがあり,弁護士にこれを委ねることができます