· 

異動の春

 

4月になり,異動された方も多いのではないでしょうか。

 

裁判所も多くの方が4月に異動になります。

 

裁判官は大体2~3年ごとに全国を転勤します。

特に大津地方裁判所や大津家庭裁判所の裁判官は

よく顔を合わせていますし,お互い名前を知っているということもあるので

こちらは勝手に仕事仲間だと思っているのですが(同じ司法業界にいるわけですし)

異動のときには逆に気持ちがいいぐらい一言もなく去っていきます。

「あなたにとって私ってその程度なのね」

というような寂しい気持ちにもなったりします。

 

まぁ「その程度」なんだろうと思いますし

職務上,挨拶して去っていくような関係ではないので当然なのですが。

 

こちらとしても各裁判官の異動の時期はだいたい把握していますし

「お世話になりました」の一言だけでも言いたい気持ちもありますが

やはりあえて何も言わないようにすることが多いです。

 

裁判官によっては1月2月ころに4月以降の裁判の予定を決めると

「私,次回はもういませんけどね~」という感じで言う人もいるので

そのときには「お疲れ様です~」という感じで軽く挨拶したりすることもあります。

 

ちなみに裁判官は全国転勤なので二度とお目にかかれない異動が多いのですが

書記官や事務官は基本的に地方裁判所管内で異動しているようです。

 

4月に裁判所に行くと

「あ,この人(書記官・事務官)はココに異動になったのか」

というふうに部屋を見渡したりして把握したりします。

 

ちなみに,書記官は裁判官以上によく会いますし,仕事上,電話で話したりもしますし

異動しても基本的に滋賀県内で長い付き合いなのでお互い顔も名前も一致する人も多いのですが

裁判官以上にしれっと異動していく気がします。