· 

退職代行ってどうなの?

 

最近,話題のサービス「退職代行」。

 

簡単に言えば,自分で職場に「辞める」と言えない方のために

代わりに「辞める」と言ってくれるサービスです。

NHKの番組でも取り上げられていたらしい。

 

確かに,「辞める」って言いにくいですよね。

バイトですら辞めるって言いづらいし。

お金さえ出せば,それを代わりにやってくれて

ストレスフリーになれるなら,退職代行を使おうって人がいても全然不思議じゃない。

 

関係ないけど,弁護士でも,勤務先の事務所に「独立します」って言い出せない人,多いです。

 

で,個人的に気になっているのは,退職代行って弁護士法違反じゃないの?ということです。

 

(弁護士法72条)

弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、再調査の

請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁

若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。

 

確かに,退職したい人の代わりに,その人の名義で退職の意思表示に関する書類等を作成して

その送付を代行するだけなら,弁護士法違反とまでは言えないと思います。

(っていうか,それやるだけで数万円もらえるなら,むしろやりたい)

 

問題は,退職ってそんなに簡単な話じゃないってことです。

 

ネットには「退職の通知を出して2週間たったら退職できる」という情報があり

それも「期間の定めのない雇用契約」に関して言えば,別に間違いじゃないんですが

「期間の定めのある雇用契約」だって世の中にはいっぱいある。

 

それだけじゃなくて,例えば,退職金についてどうするのか,未払賃金(時間外手当含む)をどうするのか,

業務の引継ぎどうするのか,保険証や貸与を受けていた制服等の返還はどうするのか,

場合によっては損害賠償を請求されるおそれだってある。

 

そんなこんなについて,交渉をしたりすることになると,これは弁護士しかできないはずです。

仮に,弁護士法違反じゃないとしても,法的な知識やノウハウが担保されていない

そんな退職代行サービスでホンマにいいんですか?と思うわけです。

もちろん,法律事務所で「退職代行」という名前でサービスしているところはいいんですけど。

 

ネットでいろいろと見てみると

「NHKで取り上げられているから問題ない」的なことを書いているところもあり,もう不安しか感じない。

 

退職について不安を感じている人は,ぜひ一度,どこかで弁護士に相談してみることをお勧めします。

相談だけなら,そんなに費用もかからないし,何なら無料で済むかもしれない。

弁護士だって「弁護士費用がもったいない状況」なら,依頼するよう勧めたりしないのでご安心を。

(まぁこのあたりは弁護士によるかも)

 

相談したり,依頼したりして,お金がかかるとしても,安心できるなら,それはそれでストレスフリー。

 

 

弁護士 横畑俊介

※ 画像は記事とは関係ありません