お電話でのお問い合わせ・ご予約

 ☎ 077-510-0140

 インターネットでのお問い合わせ・ご予約

 お問い合わせ・ご予約フォーム


文書作成

「法律を踏まえた内容で相手に支払を請求する文書を送りたい」

「離婚することになったので離婚協議書を作成したい」

「知人にお金を貸すことになったのでリスクを考えて借用書を作りたい」

「債権者に対して時効を援用するための文書を作って欲しい」

「管理組合の規約を作り直したい」

「契約書を作って欲しい」

 

など、文書作成に関して悩みのある方は、ぜひ、ご相談・ご依頼ください。 


レーク総合法律事務所に依頼するメリット

1.法的なリスクを踏まえた文書が作成できます

法律の専門家である弁護士が法的なリスクを想定し文書を作成します。

ある程度、合意ができており、後は文書を作成するだけという場合に文書作成のみの依頼ができます。

2.弁護士に依頼したことは相手にはわかりません

弁護士が代理人として作成する文書ではないため自分が作った文書として相手方に提示ができます。

文書の内容は弁護士が法的な観点から十分に検討しているものですので,安心です。

3.文書作成に向けた交渉もできます

文書作成だけでなく、相手方と交渉し、合意事項を文書にまとめることも可能です。

この場合は、代理人となりますので、交渉案件をご依頼いただくことになりますが、文書作成費用はそちらに含まれます。

基本情報

A)契約と文書作成

法令に定められた一定の契約を除いては,契約書を作らなくても,意思の合致があれば契約は成立します。

しかし,契約書があれば,合意した事項を明確になり,後日の紛争の防止に一定の効果がある上,裁判などの際には重要な証拠となります。

B)証拠としての文書

裁判においては,証言などの証拠よりも,文書の方が重要視される傾向にあります。

二段の推定

私文書の場合,文書にある印影が本人の印鑑によって押印されたものであるときは,その印影は本人の意思に基づいて押印されたものであると推定され,本人の押印がある文書は文書全体が真正に成立したものと推定されます。つまり,契約書に当事者Aさんの所有する印鑑で押印された印影があるときは,その契約書全体がAさんの意思に基づくものであると推定されることになります。

処分証書と報告文書

処分証書とは,各種の契約書,契約解除の通知書,遺言書など,意思表示その他の法律行為が記載されている文書をいい,報告文書とは,領収書,会計帳簿,診断書など,作成者の経験した事実認識が記載されている文書をいいます。

処分証書については,法律行為(契約など)の内容が記載されているため,その文書が真正に成立したもの(作成者の意思に基づいて作成されたもの)であれば,その法律行為の存在が一応認められることになります。