· 

高校生模擬裁判選手権

先日,高校生模擬裁判選手権関西大会が行われ,行ってきました。

 

これは,日本弁護士連合会が主催するイベントで

高校生が,実際の大阪地裁の法廷で,刑事模擬裁判を行って

弁護士,判事,検事,学者,報道関係者からなる

審査員が採点して,優勝を決めるというものです。

 

出場校には,事前に教材記録(起訴状や証拠書類など)が渡されており

各学校で証人尋問や被告人質問で何を聞くかなどを事前に検討し

実際に,証人尋問や被告人質問を行って,そこで出てきた証言や供述をもとに

論告や弁論を行って,戦います。

 

今回の事件の概要は

ある日,被告人の家を訪ねてきた先輩が実は殺人事件を起こして逃亡中で

被告人が,先輩を家に12時間ほど滞在させたことについて

犯人蔵匿・犯人隠避の罪で起訴されたというもので

被告人に「先輩が殺人事件の犯人であること」の認識があったかどうかが争点となる事案でした。

 

 

そして,今回は被告人役という大役を仰せつかりましたので

事前に,教材記録を読み込んで検討し,矛盾点や他の被告人役と設定を合わせ

当日は,被告人として裁かれに行ったというわけです。

 

設定としては,銀行員。妻とは離婚協議中。

先輩とは高校時代の野球部でバッテリーを組み,甲子園に出場した,などなど。

非常に細かな設定を頭に詰め込むのは大変でしたが,とても楽しかったです。

 

法廷の真ん中の証言台に立つというのは,弁護士的にも貴重な体験ですし。

 

今回は,滋賀県の高校が出場しなかったのが残念です。

来年は,ぜひ膳所高校に出てもらいたいなぁと勝手に思っています。

 

なお,関西大会の結果は次のとおりでした。

優勝  西大和学園高等学校

準優勝 同志社香里高等学校

第3位 大阪星光学院高等学校

第4位 神戸海星女子学院高等学校

(関西大会では4位まで表彰)