お電話でのお問い合わせ・ご予約

☎ 077-510-0140

インターネットでのお問い合わせ・ご予約



よくあるご質問

不動産・登記に関するFAQ

【Q1】

不動産とは何ですか。

【A1】

不動産とは土地及びその定着物のことをいいます。一般的には土地と建物のことと考えて差し支えありません(その他の不動産もあります)。



【Q2】

不動産登記とは何ですか。

【A2】

一つ一つの土地や建物について、所有者や担保権者などを公示するための制度です。その内容については法務局で確認することができます。なお、登記には必ずしも正しい情報が記載されているとは限りませんので注意が必要です。



【Q3】

賃貸借契約の終了後の不動産の明渡しはどのようにして実現するのですか。

【A3】

賃貸借契約が終了しているにもかかわらず、賃借人が任意に明渡しを行わない場合には、裁判を行って、明渡しを命じる判決を得た上で、強制執行手続を行うことになります。



【Q4】

不動産の時効取得とは何ですか。

【A4】

所有の意思をもって、一定期間(10年又は20年)不動産を占有することによって、その不動産の所有権を取得することができます。



【Q5】

借地上に所有している建物を売却したいのですが注意することはありますか。

【A5】

借地上の建物を売却する場合には地主の承諾が必要となります。基本的には話合いを行って承諾をもらうことになりますが、どうしても応じてもらえない場合には、裁判所の許可を得る方法もあります。


Q&Aの記載は平成29年5月時点のものです。

内容の正確性等については保証いたしません(Q&Aを信用したことによる損害については一切の責任を負いません)。