お電話でのお問い合わせ・ご予約

☎ 077-510-0140

インターネットでのお問い合わせ・ご予約



よくあるご質問

倒産処理に関するFAQ

【Q1】

倒産とは何ですか。

【A1】

経済的に破綻して返済等ができなくなった状態をいい、倒産処理手続として、破産などがあります。



【Q2】

破産した場合に未払いの従業員の給与はどうなりますか。

【A2】

企業が破産する場合には従業員は解雇となります。未払いの給与の一部は財団債権又は優先的破産債権として、他の債権に先立って支払を受けられることがあります。また、一定の条件を満たせば独立行政法人労働者健康安全機構から給与の一部の立替払いを受けられることがあります。



【Q3】

会社が破産したときに取締役だった者はどうなりますか。

【A3】

取締役のうち会社の債務を保証している人については保証人として債権者から請求を受けますので、併せて破産することなどを検討します。それ以外の取締役については特に何もありませんが、取締役としての職務について任務懈怠等があり、それが破産の要因となっている場合には、損害賠償請求を受ける可能性があります。



【Q4】

倒産しましたが未回収の売掛金などについてはどうなるのでしょうか。

【A4】

売掛金は倒産処理手続を行う代理人、破産管財人等によって可能な限り回収され、債権者への配当などの原資となります。



【Q5】

代表者が会社の連帯保証となっている場合には代表者の破産手続も併せて依頼できますか。

【A5】

中小企業においては、代表者が個人で会社の債務を連帯保証していることがほとんどです。代表者の方の破産手続も併せてご依頼いただけます。


Q&Aの記載は平成29年5月時点のものです。

内容の正確性等については保証いたしません(Q&Aを信用したことによる損害については一切の責任を負いません)。