· 

絵本を読むこと

 

家庭裁判所の調停出席者のための控室には

絵本やおもちゃ,ベビーベッドなどが置いてあります。

(ベビーカーが置いてある庁もあります)

 

これは親権や監護権が争われたり

弁護士に依頼せずに自分で調停をする方が多いという

家庭裁判所というところの性質上

幼い子どもが来ることが多いからだと思われます。

 

先日,離婚などに関する調停で某家庭裁判所(やや遠方)に行きました。

その日の調停は,諸事情から依頼者は来ることができず

代理人(弁護士)のみの出頭でした。

 

相手方が調停委員と話をしている間

控室で待っていたのですが

あまりにも待ち時間が長く

パソコンはインターネットに繋がらなくなってやることがなくなり

一言でいえば「暇」になってしまいましたので

ベンチに座ったまま控室に並んでいた絵本の方を,ぼーっと眺めていました。

 

その中にとても気になる一冊を見つけました。

その名も「ゴムあたまポンたろう」。

 

シュールな題名です。

これは読みたい。どんなお話なのか。どんな設定なのか。

っていうか,絶対におもしろい。ニヤニヤが止まらない。

 

しかし,ここは裁判所の控室。いろんな人がいます。

とても深刻な顔をされた方。

兄弟の悪口を延々と話し続ける人たち(たぶん遺産分割調停)。

待ち時間に耐え切れず,イライラを隠せない弁護士。

 

そんな控室で,大の大人が,というか弁護士が

ニヤニヤしながら立ち上がり

絵本の棚に行き「ゴムあたまポンたろう」を読み始めたら,変じゃない?

 

そんなことを考えてしまい,結局,読めずにその日の調停は終わりました。

次回は読んでみたいと思います(依頼者が許してくれるなら)。