· 

学校で授業をすると

 

弁護士登録してからずっと,法教育に携わらせていただいています。

 

「法教育とは何か」という話については,小難しい話がいろいろとあるので

きれいさっぱり省略させていただくとして

その法教育の一環として,小学校・中学校・高校への出張授業をさせていただいています。

 

小学校では,発言を求めると自ら進んで,いろいろと話をしてくれますが

中学校,高校と年齢が上がるにつれて,発言もあまりしてくれなくなりますし

寝ている子がいたり,ぼーっと窓の外を眺めている子がいたり

最初のころは,心が折れた時期もありました。

 

最近では「99.9」がドラマでやっているので,すごく助かります。

最初に,弁護士ってどんな仕事なのか,ということを簡単に話すのですが

あのドラマのおかげでイメージを持ってもらいやすくなっています。

まぁ,見た目的な部分のギャップに非常に申し訳ない思いもありますが。。。

 

小学校でも,中学校でも,高校でも

普段,子どもたちとは関わりがないので

子どもたちと話をしたりすると,心が洗われたりする部分もあります。

 

心って,折れたり,洗われたり,大変ですね。

 

滋賀弁護士会では,ジュニアロースクールといって

中学生を対象として,本当の裁判を傍聴したり,模擬裁判をしたりするイベントも行っていますし

日本弁護士連合会でも,高校生模擬裁判選手権というものをやったりしています。

 

中学生や高校生のみなさん,あるいは中学生や高校生のお子様をお持ちの保護者の方々

ぜひ,そういったイベントにも参加していただけると

裁判や法律の世界が少し身近に感じられて楽しいですよ。宣伝でした。