· 

成年年齢引下げ

 

昨日,成年年齢の引下げに関する研修の講師をさせていただきました。

 

成年年齢が引き下げられることが決まっています。

平成34年(2022年)4月からは満18歳で成年となります。

 

民法では,未成年は一人では契約などができないこととされていて

法定代理人(親権者や未成年後見人)が同意しなければなりません。

ちなみに,同意なく行われた契約は取り消すことができます。

 

成年年齢が引き下げられた後は

18歳でも,いろいろと契約ができてしまうことになります。

例えば,アパートの賃貸借契約,スマートフォンの契約などなど。

消費者金融からの借入れもできるようになりますし,友達に頼まれて連帯保証してしまうかもしれません。

(信用の問題はありますが・・・)

 

現在でも,20歳そこそこの大学生などが

いろいろな問題で,困っている現状がありますが

それが18歳まで降りてくるわけで,非常に大きな問題だと思っています。

 

18歳ってまだまだ子どもだと思うんですけどねぇ。

 

弁護士 横畑俊介

※ 画像は記事とは関係ありません